【茨木市】手ぶらで行けるレンタル農園「シェア畑 茨木」を取材してきました!初心者でもできる充実のサポート

ここ数年、週末農業貸し農園が増えている…というニュースをよく見かけるようになりましたが、実は茨木市にもあるのをご存知でしょうか?

それが、サポート付き貸し農園「シェア畑 茨木」です!

かかしと看板

手作りのかかし!

シェア畑の特徴

農園スタッフによる栽培サポートあり
栽培用具完備、種や苗もあるので、手ぶらで行ける

茨木市には市が運営する市民農園などもありますが、シェア畑の大きな特徴は「畑を借りる」だけじゃない!ということ。

・どの季節に
・どの野菜を
・どんな風に育てれば良いのか

があらかじめスケジュールされているので、野菜作りの知識がなくても利用できるのがポイントです。

サポートがとにかく手厚い!

畑の様子

こちらが、実際の農園の様子。

今の時期は夏野菜。トマトにきゅうり、なす、すいか、ピーマン、サンチュ、枝豆などが植えられていました。

トマト

艶々のトマト!日当たりがよく、ぐんぐん成長中

すいか

立派なすいかが宙に浮いていました!空間を活かした栽培方法です

畆

1区画借りると、このように2〜3種類の野菜が植えられます。

季節に合わせた野菜の種・苗がたくさん用意されていて、その種類の中から好きな野菜を選べるんです。

スーパーではあまり見かけない、ちょっと変わった「白ナス」を育てている人も。

白ナス

週に数日スタッフの人が来園しているので、気になることは直接相談できるうえ、季節ごとに講習会が開催されているので、基礎知識もしっかりと学べます。

看板

掲示されている説明を見れば、基本的なことは分かる!

道具一式

道具一式、揃ってます!

この日は平日の日中(暑い時間帯)にもかかわらず、野菜のお世話をしている人が数名いらっしゃいました。

農園の様子

「どんな農園ですか?」と伺ったところ

分からないことをリアルタイムで教えてもらえるのがいい

みんなフレンドリーなので、野菜を育てつつおしゃべりも楽しみに来てます

と、気さくに話してくださいました!

年齢層は幅広いそうですが、畑の中にいると皆さん自然と仲良くなってしまうそう…!

休憩所あり

日除けスペース、トイレ、駐車場(有料)あります

また

以前、独学でやっていたときは上手くいかなかったのが、ここにきて美味しい野菜が採れるようになりました

という声も。

野菜栽培って、連作(同じ耕地に同じ種類の作物を作ること)がNGだったり、芽かき(不要な芽を取り除くこと)が必要だったり、意外と科学的でこまめなお手入れが欠かせません。

実際に育てながらそんな情報を教えてもらえるので、収穫が成功しやすいということなんですね。

マリーゴールド(黄色の花)は虫除けになるそうです。初耳!

採れたてのミニトマト(アイコ)をいただきました。新鮮そのもの!

大きなミニトマト

思わず「ミニじゃないですね!」と言ってしまうほど大きくて、おいしかったです!

農園の様子

住宅に囲まれていますが、とても日当たりのいい立地です

見に行ってみたい!という方は、ぜひ体験会へ

シェア畑 茨木

「シェア畑 茨木」のオープニングから在籍しているという、ベテラン澤井さん!今回はお世話になりました

▼直近の体験会日程はこちら

開催日:2024年7月20日(土)14:30、21日(日)8:30、22日(月)8:30、28日(日)14:30
体験会に参加して、当日に申し込むと入会金が半額になるそうですよ!

また利用者だけのイベント(次回はカレーイベントだそう)があったり、来園ポイントを貯めるとプレゼントがもらえる仕組みがあったり。

貸し農園という枠を大きく超えた、素敵なコミュニティでした。

\農業に興味がある方はぜひ/

料金や制度、体験のお申し込みはこちらから

▼「シェア畑 茨木」はこちら

2024/07/05 16:30 2024/07/06 10:01
kinoko

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集

号外net 学生アルバイト募集